11月の「施設見学会」が行われました。

[ 活動報告リポート ]

【2019/11/17】 11月の「施設見学会」が行われました。

11月17日(日)、この日の気温は-1℃
園内も白銀の世界に変わり、これもまた魅力的な旭山動物園のひとつです。

冬期は「ちんぱんじー館」を見学させていただきます。
ご案内していただくのは中田副園長です!


旭山動物園のチンパンジーは、キーボ(オス)の群れと、とピースケ(オス)の群れの2つの群れがあるそうです。
今回はキーボ側を見学しました。


この日からピースケの群れからキーボの群れに加わったニナ(メス)にも会う事ができました。
偶然にもニナは私たちの近くまで来てくれました。
可愛かった~


群れを移動させる時には時間を掛け細心の注意を払ったそうです。
グループが変わっても、キーボの群れはニナを受け入れたようです。
とっても穏やかに過ごしているように見えました。
その様な大事な日の見学だったので、中田副園長も慎重に案内してくれました。

屋外にある施設「スカイブリッジ」は現在工事中でしたが、来年春頃には 今まで以上にチンパンジーを間近で観察できるそうです。
これはとっても楽しみですね!


飼育員さんのお部屋も見せていただきました。普段は休憩やお食事に使うそうです。 展示施設4箇所にカメラがありその様子をお部屋にあるモニターでチンパンジーの様子も見れます。


室内展示室の横の壁には絵本作家のあべ弘士さんによる
壁一面に描かれたチンパンジーの壁画も楽しめます。


冬期は使っていない屋外放飼場に出てみました。
それはとても大きなジャングルジム? 柱やはしご、ロープがあらゆる場所に設置された まさにチンパンジーの楽園ともいえる施設でした。


飼育員さんがチンパンジーのお食事を準備する調理室に行きました。
種類はとても多く、りんごやバナナ、ごぼう、ネギ、野菜や果物の他に固形飼料が与えられます。

なんと一番驚いたのはヤクルトを毎日1本飲ませているそうです。


固形飼料を試食って事で、中田さんもお口にパクッ!
食感はビスケットで、味は無味だそうです。
参加された方も一緒に味見をしていました。


最後に寝室を見学しました。
チンパンジーは薄暗い部屋で寝ているみたいです。
寝るときは布団代わりに一枚ずつ麻の袋を渡します。
だいたい寝る場所も決まっているようです。


記念撮影をして終了です。
寒い中ご参加いただいた皆様、中田副園長ありがとうございました。

次回は来年1月14日(火)の予定です。詳細については別途お知らせいたします。
夏期の施設見学会に参加された方も改めてご参加いただけますよ♪

投稿者:旭山動物園くらぶ

← 前のページに戻る