障がい者夜間特別開園でボランティア活動に参加いたしました。

[ 活動報告リポート ]

【2018/06/23】 障がい者夜間特別開園でボランティア活動に参加いたしました。

園内植物探検会 年に一回、障がい者とそのご家族を対象に園内施設と動物をゆっくり見ていただこうと、1日限定の  夜間特別開園が実施されます。旭山動物園くらぶも毎年、車いすや歩行が困難な方々のサポートを行っております。
去る6月23日(土)、小雨ぱらつく中、約50人の障がい者の方がご来縁(そのご家族様を入れると約150名)いただきました。ボランティアスタッフは我々の他にマイスターボランティア様、表鉄鋼所の職員の皆様、繋ぐのは命プロジェクトの皆様総勢約60名でした。

坂道を上り下りする車いすのサポートを中心に行いました。




今年は、旭川大学経済学部の生徒さん3名にも、くらぶスタッフとしてご協力いただきました。
将来を担う学生さんには、こういったイベントにご参加いただき、学校のお友達やご家族の皆様にどんどん伝えていって頂きたいなぁと思いました。

午後5時30分から午後7時までの1時間半は、あっという間に過ぎていきました。
雨の中ご来園いただいた皆様、ボランティアスタッフの皆様、旭山動物園職員の皆様本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

この障がい者夜間が終わるときにいつも思う事なんですが、お手伝いさせて頂く我々が、ご参加いただいた方に"ありがとう"という気持ちになります。障がいをお持ちの方、そのご家族や介助で同伴された方の素敵な笑顔が忘れられません。
また来年もお手伝いさせていただきたいと思います。

投稿者:旭山動物園くらぶ

← 前のページに戻る