あったかトークが開催されました!

[ 活動報告リポート ]

【2014/06/17】 あったかトークが開催されました!

あったかトーク

6月15日(金)、旭山動物園くらぶ主催の「あったかトーク」を開催いたしました!

今回お話していただいたのは、飼育担当主査の中田真一さん、こども牧場・教育担当の佐賀真一さん、ホッキョクグマ・タンチョウ担当の佐橋智弘さんのお三方です!

雨がしとしと降る肌寒い天候...。
そしてサッカーW杯日本戦直後というタイミングではありましたが、お三方のお話が聴ける貴重な機会!ともあり、たくさんの方にお越しいただきました♪

まずはトップバッターの佐賀さんです。


あったかトーク


お題は、「死んだ動物からのメッセージ~ほねほねパネルを通じて~」。
園内に展示されている"ほねほねパネル"。
飼育担当の方々がどんな想いを込めてこの展示をされているのか?
生きている動物はもちろん、死んだ動物からも教わることはたくさんある!と、プロジェクターを使ってお話してくださいました。

参加者の皆さんも興味津々!

二番目の登場は佐橋さんです。


あったかトーク


お題は、「タンチョウの自然繁殖~めざせ!旭山初の繁殖成功!~」。
親鳥と雛のほほえましい様子をご覧になった方も多いのではないでしょうか♪
とてもタイムリーなお話に、参加者の皆さんも大きくうなずいたり、時にはくすっと笑ったり。
あっというまに成長していく雛の様子をたくさんの貴重な画像と共にお話してくださいました。

そしてトリを飾っていただいたは、昨年同様、中田さんです。


あったかトーク


お題は、「ありがとう総合動物舎~出会いと別れと思い出と~」。
きりん舎・かば館の完成で、今は動物のいなくなった総合動物舎の思い出、中田さんが飼育というお仕事を続けるきっかけとなった出来事、そしてお別れとなったゾウ・カバのお話...。
参加者の皆さんもすっかり聴き入っていらっしゃいました。

あっという間の2時間、本当に貴重なお話をしていただきました。
ご参加いただいた皆さん、お話いただいた中田さん、佐賀さん、佐橋さん、ありがとうございました!!

詳細は次回の会員様向けの会報に掲載予定ですので、そちらもお楽しみに♪

投稿者:旭山動物園くらぶ

← 前のページに戻る